歯周病治療

- 脳卒中・糖尿病・ガンなども、歯周病に起因します -

日本人では、成人の8割近くが歯周病になっているといわれます。
なぜ、そんなに罹患している割合が高いのでしょうか? それは、ほとんど自覚症状がないからです。
歯周病は、症状が進行していくと、やがて歯肉の腫れや口内の違和感に気づきます。
でも、こうなってしまってはすでにかなり進行した状態であり、ここからの治療には時間がかかります。
歯周病菌はプラーク(歯垢)を形成し、その中で増殖します。そして、やがて毒素を産生して歯肉や歯槽骨を破壊します。治療はこの原因を除去しなければいけません。

担当の歯科衛生士と一緒に
歯周病治療では、担当衛生士がそれぞれの患者さんの検査・指導・処置を行います。

位相差顕微鏡による検査
健康な方でもお口の中には細菌が300種類も。それを顕微鏡モニターで確認します。 歯周病菌、虫歯菌の状態を目で見て、治療効果も把握できます。

治療の流れ

1

応急処置
痛んだり、かぶせ物が外れたりするなど、緊急性のあるものから優先して処置します。

2

検査
X線写真、歯周ポケットの測定、歯肉からの出血、動揺度、噛み合わせの検査、生活習慣のチェックなど。

3

治療計画の理解と同意(インフォームドコンセント)
患者さんの理解と同意を得てから治療を始めます。

4

初期治療(イニシャルプレパレーション)
本格的な治療開始。歯周病は患者さん自身と歯科医、歯科衛生士が協力して治していきます。

ブラッシングの練習
歯ブラシ・歯間ブラシ・フロス等の正しい使い方を指導させていただきます。

スケーリング・ルートプレーニング
歯石をとっていきます。

その他
虫歯の治療、噛み合わせの調整、保存不可能な歯の抜歯、象牙質知覚過敏症の処置、など。

5

再評価
再度検査し、今後の見通しを説明させていただきます。

- 当院は薬で治す歯周内科治療も行っております。 -

歯周内科治療とは?

歯周病治療といえば、どの歯科医院でも行っている「歯磨き指導」と「歯石除去」等の歯と歯の周りのお掃除ですが、この様な基本的な治療を行っても患者さんによっては歯肉の炎症が取れず、歯周病が進行してしまう事がありました。

しかし21世紀に入ってから、歯周病の原因菌と特定しその菌を薬で退治する事が可能になりました。

この治療方法が「顕微鏡を使った歯周内科治療」です。

歯周内科治療のポイント

1

位相差顕微鏡での菌の確認

2

細菌の除去薬剤の服用

3

カビの除去薬剤かカビ取り歯磨き剤での歯磨き

4

除菌後の歯石取り

位相差顕微鏡検査

患者さんのお口の汚れを少し採取し、それを顕微鏡で確認します。

顕微鏡で、歯周病菌の有無やカビが多いのか少ないのか等を確認し、それに合わせた薬の選択を行います。

 

また、顕微鏡で確認した菌を画像で拡大表示できる機能もありますので、治療内容や効果をより解りやすく説明する事が可能です。

感染経路

歯周病菌は人から人へ

歯周病菌は生まれた時は存在しません。
飲み物の回し飲みや箸の使い回し、キス等人から移されています。
特に危険なのは性感染で、歯周病を治療しても、パートナーが歯周病だとすぐに移ってしまい治療の意味がありません。
歯周病を治療する場合はパートナーと同時に治療する事をオススメします。

再発予防の為に
カビ菌は口の中に必ず住み着いている菌で、取り除いても空気中や指から再び口の中に戻り全滅させることは不可能です。
カビ菌は歯周病菌にとって快適な住処ですので、カビ菌が多いと歯周病菌が再感染しやすくなります。
再発予防には、毎日の歯磨きと歯科医院での定期的なクリーニングが1番の予防になります。

  • 医療法人宗和 三和歯科クリニック ホワイトエッセンス 半田店 お問い合わせはこちらから
  • 医療法人宗和 三和歯科クリニック ホワイトエッセンス 半田店 お問い合わせはこちらから

三和歯科クリニック

ホワイトエッセンス半田店