歯周内科

- 薬で治す歯周病 -

歯周病治療といえば、どの歯科医院でも行っている「歯磨き指導」と「歯石除去」等の歯と歯の周りのお掃除ですが、この様な基本的な治療を行っても患者さんによっては歯肉の炎症が取れず、歯周病が進行してしまう事がありました。

しかし21世紀に入ってから、歯周病の原因菌と特定しその菌を薬で退治する事が可能になりました。

この治療方法が「顕微鏡を使った歯周内科治療」です。

歯周内科治療のポイント

1

位相差顕微鏡での菌の確認
先進の3D光学カメラを使用して患部をスキャン。患部の歯列が目の前のモニター上に再現されます。

2

細菌の除去薬剤の服用
修復物は3D画面上で設計していきます。口内の噛み合わせの状態を微調整しながら、理想的な形状をつくっていきます。色合いも微妙な調整ができます。

3

カビの除去薬剤かカビ取り歯磨き剤での歯磨き
ミリングマシンと呼ばれる機械を用います。コンピュータで設計されたデータをもとに、高精度な修復物を加工・作製することができます。

4

除菌後の歯石取り
実際に口腔内へセットして治療完了です。

位相差顕微鏡検査

患者さんのお口の汚れを少し採取し、それを顕微鏡で確認します。

顕微鏡で、歯周病菌の有無やカビが多いのか少ないのか等を確認し、それに合わせた薬の選択を行います。

 

また、顕微鏡で確認した菌を画像で拡大表示できる機能もありますので、治療内容や効果をより解りやすく説明する事が可能です。

感染経路

歯周病菌は人から人へ

歯周病菌は生まれた時は存在しません。
飲み物の回し飲みや箸の使い回し、キス等人から移されています。
特に危険なのは性感染で、歯周病を治療しても、パートナーが歯周病だとすぐに移ってしまい治療の意味がありません。
歯周病を治療する場合はパートナーと同時に治療する事をオススメします。

再発予防の為に
カビ菌は口の中に必ず住み着いている菌で、取り除いても空気中や指から再び口の中に戻り全滅させることは不可能です。
カビ菌は歯周病菌にとって快適な住処ですので、カビ菌が多いと歯周病菌が再感染しやすくなります。
再発予防には、毎日の歯磨きと歯科医院での定期的なクリーニングが1番の予防になります。

  • 医療法人宗和 三和歯科クリニック ホワイトエッセンス 半田店 お問い合わせはこちらから
  • 医療法人宗和 三和歯科クリニック ホワイトエッセンス 半田店 お問い合わせはこちらから

三和歯科クリニック

ホワイトエッセンス半田店